サンディエゴおよびサンフランシスコ、2011年9月13日 – デジタルマーケティング業界をリードするCovarioとKenshooは、企業広告主向けの革新的な検索およびソーシャルマーケティングソリューションを提供するためのソフトウェアライセンスおよび技術統合を含む戦略的合意について発表しました。

この合意の条件では、検索エンジンマーケティングおよびSEO (検索エンジン最適化) ソフトウェアソリューションの米国大手独立プロバイダーであるCovarioは、リスティング広告およびペイドソーシャル広告の両方において、複数の世界的な企業顧客のためにスケーラブルなオンラインメディア購入および最適化を行うことができるように、Kenshooのデジタルマーケティングソフトウェアを使用することになっています。

さらに両社は、Covarioの業界トップのSEOテクノロジー (Covario Organic Search Insight™やCovario Organic Search Optimizer™など) と、Kenshooの受賞歴のあるオンラインキャンペーン管理商品 (Kenshoo Enterprise、Kenshoo Local、およびKenshoo Social) を組み合わせて、世界的なデジタルマーケター向けの完全に統合されたペイドおよび自然検索ソリューションを共同開発する予定です。

KenshooのCEOであるYoav Izhar-Pratoは、「米国有数の検索マーケティング代理店であるCovarioの検索エンジンマーケティングプラクティスに技術を提供できることを大変嬉しく思っています。当社のリスティング広告およびソーシャルメディア購入プラットフォームの高度なアルゴリズムは、Covarioが世界的な企業顧客の拡大の基盤を提供する際の資産となるはずです。また、Covarioの洗練されたSEOテクノロジーをKenshoo Universal Platformと統合して、Covarioと世界的な検索マーケター向けの包括的なソリューションを協同で開発することにも期待しています」と述べています。

両社は、パートナーシップを実現した3つの要因として、企業マーケターによる世界中でのリスティング広告支出が2桁成長していること、Facebook広告および他のペイドソーシャルメディアキャンペーンの予算が急速に成長していること、リスティング広告およびSEOの包括的な管理による利点が実証されていることを挙げています。

たとえば、7月に発行された主要なテクノロジーおよび消費者家電製品企業についての四半期のGlobal Search Spend Analysisにおいて、Covarioは、2011年のリスティング広告支出では年間15~20パーセントの成長が予測されることを改めて確認しています。一方で、eMarketerは先ごろ、巨大なソーシャルネットワークであるFacebookでは、全世界で57億4千万ドルが広告収益としてやり取りされるという2012年の予測を立て、ソーシャルネットワーク広告では “すべての道はFacebookに通じる” と報告しました。さらに、Forrester Researchは、2011 Wave of U.S. Search Marketing Agenciesにおいて、SEOとリスティング広告活動の統合は、単一のパートナーで行うのが最も容易であると主張しました。

CovarioのCEOであるRuss Mann氏は、「CovarioとKenshooの協同ソリューションを使用すれば、統合された分析により、検索マーケターはリスティング広告および自然検索両方のプログラムのパフォーマンスを向上できます。Kenshooは入札可能リスティング広告およびソーシャルメディア広告ソフトウェアをリードする企業であり、Covarioは先ごろ、‘最良のSEOテクノロジー‘ としてForrester Researchに名前を挙げられました。このパートナーシップでは、相互のテクノロジーと戦略が最適化されるため、当社の代理店のサービスに対してのみではなく、サービスを提供する共同顧客および業界全体に対するサポートとしても多大な効果があります」と述べています。

タイミングについてですが、Covarioは多くの既存のリスティング広告顧客に対してKenshooとのオンボーディングのプロセスを既に開始しています。統合された自然検索およびリスティング広告ソリューションについては、プロトタイプが数か月後に発表される予定です。