ゲーム業界はこの数年の間に、主にスマートフォンとモバイルアプリの普及により急激に進化しました。ゲーム業界の人気が伸び続ける一方で、マーケターはこの新しいフォーマットで新規ユーザーを集め、望ましいオーディエンスにリーチするという課題に直面し続けています。

米国の調査会社イーマーケターによると、携帯電話上のゲームプレイヤーの数は2013年から2019年にかけて62%の成長が見込まれます。この成長を最大限に活用するためには、新規ユーザーの獲得に向けてその戦略を速やかに調整しつつ、アプリのインストールを促し、継続的なエンゲージメントを確保しなければなりません。しかも、これらすべてをコスト効率の良いやり方で実行する必要があるのです。

eMarketer_US_Mobile_Phone_Gamers_and_Penetration_2013-2019_184791 (1)

Kenshooはゲーム業界の広告主が急成長を続けるゲーム市場で直面する課題を克服するために、パブリッシャーやデバイスを横断的に価値の高い集団を特定し、主要な業績評価指標(KPI)の達成は勿論、顧客生涯価値(LTV)を最大化することができるためのツールを手に入れられるように、ソリューションの開発に投資してきました。

最近発行された2つのケーススタディは、大手ゲーム会社のSGNとflaregamesがAdquant by Kenshooのプラットフォームを活用してソーシャルキャンペーンの運用管理を効率化し、それぞれのKPIを達成した事例を紹介しています。

ヨーロッパ、中東、アフリカのいわゆるEMEAを拠点とする急成長中のモバイルゲームパブリッシャーのflaregames社は、自社のソーシャル広告が増加し、キャンペーンの管理が煩雑過ぎて手作業では対応し切れなくなった結果、Adquant by Kenshooと提携することにしました。

彼らは設定したROI目標を達成するために、モバイルアプリのインストール広告の配信と、そのキャンペーンの最適化を行いました。自動化と拡張性をもたらすツールを活用することにより、管理スタッフの人数はそのままで、広告予算を12.4%、アクティブな広告を配信したフェイスブックのアカウント数を3倍に、それぞれ増やすことができました。

クロスプラットフォームのモバイルゲームのリーディングカンパニーである米国のSGN社は、大規模なキャンペーンを作成し、モバイルアプリのインストール数を伸ばし、社内で持っていた顧客生涯価値の予測値にもとづいてキャンペーンを最適化するためにAdquant by Kenshooを利用しました。そうすることで効率化を進め時間の短縮を実現しつつも、製品横断的なアプリのインストールを13%、製品横断的な顧客生涯価値を29%それぞれ増やすことができました。SGNのまさに”砂糖菓子のように美味しい”Cookie Jamはフェイスブックの2014年ゲームオブザイヤーに選ばれました。投資効果は未だ続いていると言えるでしょう。

Kenshoo Infinity Suiteを活用することにより、広告主はインスタグラムやGoogle Playをはじめ、新たに登場してくる広告掲載場所や、既に実績のあるパブリッシャーを通じて新規ユーザーを獲得し、業界のイノベーションの最先端にい続けることができるようになります。

これら成功事例の詳細について知りたい方はflaregamesSGN のケーススタディをダウンロードしてください。