ソーシャル広告や検索連動型広告のキャンペーン構造設計は家屋の構造同様に重要なものです。しっかりした骨組みがなければ家屋は倒壊してしまいます。広告キャンペーンも同じです。効率的に構造化し、最適化しなければ、崩壊を免れません。ここではKenshooのソーシャルキャンペーンやサーチキャンペーンを参考に、家屋ならぬペイドメディアの維持・管理について論じ、4つのヒントを提案したいと思います。

ブランド施策と非ブランド施策を分離する

検索連動型広告を展開するとき、多くのマーケターはブランドワードと非ブランドワードの両方を重要と考えます。社名や商品名で検索する人もいれば、一般的な語句で検索する人もおり、その両方から興味やトラフィックを創出したいと考えるからです。通常、二つの施策のメッセージ作りや入札の戦略は異なるため、それぞれに別々の家を用意しなければなりません。

Kenshooではこの戦略にしたがって、“Kenshoo”というブランドキーワードを用いたキャンペーンと、“PPC”、“ソーシャルメディア・マネジメント”および“SEM”のキャンペーンを切り離して管理します。この手法を用いることにより、各施策の目標に沿って、メッセージ戦略や入札戦略をシームレスに更新することができます。

製品関連ワードをグループ化する

上述のヒントに連なる考え方ですが、検索キーワードを製品ごと、あるいはサービスごとにグループ化することも重要です。提供する製品やサービスごとに異なる目標を設定している場合は特に、その目標を検索広告の戦略に反映させるには、このグループ化は必須と言えるでしょう。例えば、主力製品により多くの予算その他の資源を投じる場合、主力製品とその他の製品の施策を容易に分離できれば、それだけキャンペーンの管理や更新は簡素化されるでしょう。

ロケーションまたは言語によるカスタマイズ

もう一つ、マーケターがしばしば用いるカスタマイゼーションとして、ロケーションや言語に基づいたクリエイティブやメッセージ、あるいは全体的な戦略の調整があります。言語の違いによる施策の調整は当然とも思えますが、仮に言語に注目する必要がないとしても、地域やロケーションはたいへん大きなポイントになりうるでしょう。ロケーションに応じて異なる製品やサービスを提供することもあれば、地域ごとに販売やプロモーションの手法を変える企業さえあるのです。地域別にプロフィールやキャンペーンを作成すれば、それだけ管理も容易になるでしょう。Kenshooもグローバルな組織として、地域ごとにメッセージをカスタマイズする必要があり、よって主要な地域別に異なる施策を設けています。

命名規則を活用してトラッキングやレポーティングを容易にする

サーチマーケティングにしろソーシャルマーケティングにしろ、施策の命名を一定の規則に則って行えば、特徴や属性の組み合わせに基づいてより効率的に施策の追跡が行えます。一つの施策を別の施策と見分けることも容易になり、集計レポートを作成する一助ともなります。Kenshoo Socialの命名規則を活用することにより、統一的な命名規則を簡単かつ自動的に実行することが可能となります。

以上のベストプラクティスにしたがって、ソーシャルキャンペーンやサーチキャンペーンの堅固な基盤を構築し、複雑になりがちな管理や最適化の作業を簡素化してください。Kenshoo.comを継続的にチェックして、Kenshooのキャンペーンから有用なヒントを探り出し、皆さまの施策の成功に役立ててください。